パキシルCRは、特殊なフィルムコーティングを施しており、吸収が緩やかなため、効果が持続し副作用も少なくなっています。

パキシルCR

パキシルCRは、いわばパキシルをレベルアップさせたバージョンとして販売されているSSRI(選択的セロトニン再取込み阻害薬)です。パキシルを製造・販売している製薬会社グラクソ・スミスクラインが開発し、日本では2012年から処方がスタートしています。

SSRIにカテゴライズされる医薬品なので、基本的な作用についてはパキシルと変わるものではありません。

セロトニンの再取込みを阻害することでその量を増やし、抑うつ状態を解消することができます。

もとのパキシルに比べて“ゆるやかな薬”であるというのが大きな特徴です。

急激に作用して劇的に心身を変えてしまう、というようなものではなく、ナチュラルにうつ病と向き合い、ゆっくり治していくことができるとされています。

パキシルと何が違う?

パキシルCRの「CR」とは、“Controlled-Release(コントロールされた放出)”の略。専門用語的にいえば、「放出制御製剤」となります。

簡単にいえば、パキシルCRは従来のパキシルに比べて放出=薬の有効成分の発現が、制御=抑えられているというのが基本です。ゆっくりと効果が現れ、副作用のリスクを軽減させることができます。

効果の点では、パキシルと何ら変わるものではありません。

同じように、うつ病の症状を軽減させる効果があります。

パキシルでは副作用に悩まされる、という方はこちらに切り替えることで、不快感もなく健康的にうつ病の治療を行っていくことができるでしょう。

パキシルCRの特徴

ここでは、パキシルCRならではの特徴についてまとめていきたいと思います。

すでに書いているように、パキシルCRは放出制御製剤。有効成分のパロキセチンの放出がゆっくり目に制御されているので、その分だけ副作用のリスクを回避できます。

では、具体的にはどのような感じになっているのか、詳しく見てみましょう。

緩やかに効果が現れてくる

パキシルCRは、パキシルと同じ錠剤タイプの抗うつ剤ですが、錠剤はパキシルと違って「腸溶性フィルムコーティング」がなされています。

これは文字通り腸で溶けるように設計されたコーティング。内容物を強力な胃液ですみやかに溶かしてしまう胃を通過したあと、腸でゆっくり溶けつつ有効成分のパロキセチンを放出します。

また、さらに特殊な技術を使って少しずつ放出されるように仕上げられています。

のちに取り上げるように、体内に急激な変化を起こさないので吐き気や便秘、離脱症状といった副作用のリスクを軽減させることができるというのが最大の特徴です。

作用時間が長い

腸で溶け、ゆっくりと有効成分が浸透していくパキシルCRは、作用時間がもともとのパキシルに比べて長くなるという特徴を持っています。

そもそも体に吸収されるまでの時間が、パキシルの2倍。ゆっくり浸透し、ゆっくりと効果が現れ始めます。

また、血中濃度が最大になるまでの時間は8~10時間。たっぷり時間をかけて作用していくので、穏やかにうつ病と向き合っていくことができるでしょう。

パキシルではイマイチ効果が得られなかったという方も、こちらに切り替えることで効果が出やすくなるということが考えられます。

副作用のリスクが低くなる

そもそも、パキシルCRがグラクソ・スミスクラインによって開発されるきっかけになったのは、従来のパキシルで副作用に悩む人がいたということ。特に、飲みはじめの時期に胃腸に関する副作用、吐き気やムカつきなどが起こる可能性があったことがきっかけとされています。

このような副作用の発生を防ぐために、パキシルCRの開発がスタートしました。

パキシルCRは腸溶性コーティングで覆われているので、胃では溶けずに腸に移動します。さらに、そこでゆっくりと有効成分を放出します。そのため、胃腸に余計な刺激を与えてムカつきや吐き気を起こさせません。

また、効果が緩やかなので自律神経のバランスを乱して便秘などを起こすことを防ぐことができます。

そのほか、離脱症状が起こりにくくなるというのもポイント。離脱症状とは薬をいきなりスパッとやめることで起こるさまざまな症状のことですが、パキシルCRの場合は効果が穏やかなので、減薬スケジュールが少々速足でも、離脱症状なしでやめることができます。

ジェネリックは発売されている?

パキシルよりも効果がゆるやかで、副作用のリスクが抑えられたパキシルCR。

「ぜひこちらが欲しい、できれば価格が安いジェネリックが良い」という方もいるかと思いますが、残念なことに2018年現在、パキシルCRのジェネリック医薬品は開発されていません。

日本でも海外でも未開発で、未販売です。

パキシルは通販サイトを活用する「個人輸入」という方法で購入することが可能で、パキシルの海外製ジェネリックを購入することもできたりしますが、通販サイトでもパキシルCRのジェネリック医薬品は販売されていません。今のところ、パキシルのCR錠を入手するには「病院へ行く」というのがいちばんであるようです。