パキシルはSSRIの中ではとても効き目が強いことで知られています。どれほどのものなのかを説明していきます。

パキシルは強い抗うつ剤

パキシルが属しているSSRI系というのは、副作用が比較的少なく、効き目が穏やかという特徴がある抗うつ薬です。

全体としてこのような特徴があるため、SSRI系の抗うつ薬は穏やかな作用のものがほとんどです。

しかし、パキシルはその中でもセロトニン再取り込み阻害作用が比較的強いという特徴があります。

そのため、ほかのSSRI系では効果があまり期待できなかった場合でも、パキシルなら効果を実感できる可能性があります。

同じSSRI系抗うつ薬の中でも、パキシルはかなり頼りになる薬であるといえるでしょう。

しかし、効果が高い分、さまざまな注意点もあるので、パキシルを使うときはどのような注意点があるのか確認しておく必要があります。

今使っている抗うつ薬で思ったような効果が得られない場合は、強い効果があるパキシルを試してみてはいかがでしょうか。。

適応はうつ病だけではない

パキシルはSSRI系抗うつ薬の中で、特に高い抗うつ作用を実現しました。

しかし、パキシルの効果には抗うつ作用だけでなく、抗不安作用も含まれています。

これにより適応症が広がっており、うつ病以外の精神症状にも効果を発揮します。

うつ病以外の精神症状で悩まされている方も、一度パキシルを手に取ってみてはいかがでしょうか。

うつ病以外の症状で、パキシルの効果が正式に認められているのは不安障害です。

一口に不安障害といってもさまざまな種類がありますが、パキシルは主に「パニック障害」「強迫性障害」「社会不安障害」に効果を発揮します。

ほかにも「外傷後ストレス障害」に対する改善効果も認められています。

これらの不安障害は、一度発症すると過度の不安を感じ、日常生活に支障をきたしてしまいます。

性格の問題と考えられている時期もありましたが、現在は正式な病気として認められており、パキシルを飲むことで症状を抑えることができます。

海外ではこれらの症状だけでなく、「全般性不安障害」への効果も認められています。

そのため、うつ病だけでなく、全般性不安障害を治療する目的でパキシルを服用することもできます。

幅広い症状に対して効果を発揮するパキシルは、うつ病と不安障害への特効薬であるといえます。

副作用の強さも感じやすい

抗うつ作用や抗不安作用が強いというのは、それらの症状に悩まされている方からすると、非常に魅力的に映るポイントだと思います。

そのため、効果が高いなら実際にパキシルを使ってみようかなと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、パキシルは効果が高い分、副作用も強く現れやすいというデメリットがあります。

パキシルは比較的副作用が少なくなるように作られていますが、あくまでも副作用が少ないだけです。

服用しても副作用が全く現れないというわけではないので、注意が必要です。

パキシルを使うときは、効果だけでなく副作用も強く感じやすいことをしっかり頭に入れておきましょう。

より安心してパキシルを使いたい方は、どのような副作用が報告されているのか、事前に確認しておくことをオススメします。

離脱症状にも気を付けること

ほかにも、パキシルを使うときは離脱症状に注意する必要があります。

離脱症状というのは、今まで飲んでいた医薬品の服用を中断することにより現れる、さまざまな不快な症状のことを指します。

抗うつ薬は服用を中断したときに離脱症状が現れるものが多く、パキシルもその中の一つです。

これからパキシルを使おうと考えている方は、離脱症状のことも忘れないようにしましょう。

パキシルは濃度の上がり方が独特で、体内でパキシルが増えると薬の分解が邪魔されてしまいます。

そのため、薬の量を増やすと血中濃度が一気に上がり、反対に減薬すると一気に濃度が下がります。

このような特徴があるため、パキシルには「抗うつ薬の中でも離脱症状が多い」という一面があります。

パキシルの離脱症状はさまざまなものがありますが、大きく分けて「身体症状」「精神症状」「特徴的な症状」の3つがあります。

これらの症状は、パキシルの量を減らしてから最短で1日、長くて3日ほどで現れ始めます。

2週間程度で収まっていきますが、個人差があり、人によっては月単位で続く場合もあります。

いきなり服用を中断すると、離脱症状も強く現れてしまうので、服用をやめたいときは少しずつ量を減らしていくようにしましょう。